熱塩加納村視察

 2002年10月13〜14日、福島県熱塩加納村を視察いたしました。以前より、無農薬栽培・減農薬栽培
取り組んでいることで有名な生産地です。

 400万俵を出荷している「JA会津いいで」にて生産者の方々と我々(米穀店グループCRF)と@今年の作柄
A消費地の情勢B生産者からのアドバイスCフリートーキング、というテーマでお互いに忌憚のない意見を交
換しました。

 そして生産者の田圃やお宅を訪問し、米蔵に積み上がった今年の新米を見学させていただきました。米価
の下落に負けずにみなさん良食味の無農薬・低農薬栽培米を作るべく頑張っておられました。

 またこの村では米の他にも林檎・煙草葉・蕎麦・アスパラガス等、さまざまな農産物があり、林檎は無袋林檎
が栽培され市場に出る間もなく生産者直売にて売り切れてしまうそうです。

 この村の小学校では村で作られた野菜・米を給食で子供達に食べてもらい誰に作られたかもアナウンスで
発表されるそうです。美味しくつくると子供たちも鼻高々ですね。

↑生産者の皆さんと一緒に。 ↑たわわに実った稲穂 ↑ボッチをバックに
↑山と積まれた新米 ↑生産者の奥さまと ↑最後の刈り入れ

 今回は、地元旅館「山形屋」さんに一泊し、地元で作られた食材の料理を堪能させていただきました。サブタイ
トルに「一流の田舎」とかかれています。いいコピーだと思いました。三流の都会人?一流の田舎に泊まる。