茨城県ひたちなか市・ほしいも生産地視察

生産者の奥様と一緒に
 平成16年1月18日、CRF米穀店グループで、茨城県ひたち
なか市のホシイモ生産地を視察してきました。晴天にも恵ま
れ、絶好の見学日和となりました。このあたりはホシイモの
有名な産地で、たくさんの生産者がいらっしゃいます。ほとん
どの生産者が天日乾燥ですが、ビニールハウスを全く使わ
ない農家さんは手間がかかることもあって、極少数です。埃
対策・鳥対策・天気対策が大変だからです。歩いてみてもよ
くわかります。

 ホシイモの材料になっているのはタマユタカという品種で、
毎年3月末に苗床を作り、5月に本畑へ植え変え、10月末に
収穫。一時倉庫に保管、温度を11〜13°に保って糖度を増
します。12月に倉庫から出して加工に入ります。タマユタカの
施肥は窒素・リン酸・加里が(芋類はだいたいそうですが)3-
10-10の複合肥料を使用、また甘みを出すために有機肥料
の米ぬかや菜種粕を使用するそうです。ただBSEの問題が
あってから骨粉(甘みを増すため)が使えなくなったのが残
念だということです。

 初めてきいた話ですが、ホシイモはもともとは日露戦争の
時に使われた携帯食糧として大量生産が始まったそうです。
今回訪問してみて、いろいろな事が解り、本当に勉強になり
ました。

@タマユタカをボイラーの蒸気で蒸す。↑ A蒸し上がり。↑
B一本一本丁寧に皮をむく。↑ Cコンテナに立てて並べる。↑
Dピアノ線を通してスライスする。↑ E天日で約1週間乾燥させる。↑
F小さいのは丸干しで2〜3週間干す。↑ Gハウスを使わない生産者は極少数。↑